SIPSS 消費税計算順序設定の廃止について

SIPSS Beauty、SIPSS3 をご利用の皆様

平素より SIPSS Beauty、SIPSS3 をご利用いただきましてありがとうございます。

SIPSS Beauty、SIPSS3では、2019年10月1日からの消費税増税・軽減税率対応に伴う、
レシートの「区分記載請求書等保存方式」への対応を予定しております。
その一環と致しまして、消費税計算順序の設定を廃止し、
新しい計算方法を設けることになりました。以下にて詳細をご説明致します。

<<廃止する設定>>
店舗システム>メニュー>消費税計算順序にて、
『1項目に対して』と『合計に対して』のどちらかを選択することが可能でしたが、
2019年9月30日をもって、これらの設定を廃止致します。

<<廃止による影響>>
全てのメニューを内税とされているサロン様におかれましては、特に影響はございません。
以降の説明は、必ずしもお読みいただく必要はございません。
外税のメニューをご利用であるサロン様におかれましては、
必ず最後まで一読いただけますようお願い申し上げます。

<<新たな消費税計算処理>>
2019年10月1日以降、前述の設定項目である『合計に対して』をベースとしつつ、
税率毎に消費税額を計算する処理を新たに設け、全てのサロン様にてこの処理での計算を
行うよう統一致します。(『1項目に対して』を選択することはできなくなります。)
『1項目に対して』の設定をご利用であったサロン様におかれましては、
後述の「留意点」を必ずご参照いただけますよう、お願い申し上げます。

<<変更する理由>>
2019年10月1日からの消費税増税・軽減税率対応に伴い、レシートや領収書への
「区分記載請求書等保存方式、インボイス制度」への対応が必要となります。
この対応では、レシートや領収書へ、税率ごとに区分した消費税額等の記載が必須となります。

この消費税額を記載する際に、技術、または店販メニューの1明細ごとに消費税額を計算し、
1円未満の端数処理を行い、その合計額を算出して利用すること。
すなわち「『1項目に対して』選択時の消費税額計算処理」が、制度上認められなくなります。
そのため、SIPSS Beauty、SIPSS3においても、この計算処理を実施しないように
することとなりました。

詳細は、国税庁からの資料P.26「(適格請求書に記載する消費税額等の端数処理) 問 36」を
ご確認ください。コチラをクリックすると、該当のPDFファイルを取得できます。

<<変更の実施方法>>
サロン様がご自身で実施しなければならないことはございません。
2019年9月30日の深夜に、弊社にて、強制的に設定変更を実施致します。

以下に、それぞれの設定における消費税額の計算例をご案内致します。

<<変更前の計算方法>>
●「1項目に対して」を選択していた場合
 →技術/商品メニューの1明細ごとに消費税率を掛け、
  その合計額を消費税額としていました。

●計算例:下記外税の4メニューを販売したとします。
 ・カット(¥2,687)
 ・カラー(¥2,148)
 ・トリートメント(¥2,567)
 ・サプリメント(¥1,587)

 ①まず、1明細ごとに消費税率を掛け、丸め処理を行い、消費税額を算出します。
   消費税額:¥2,687×0.08=¥214.96→¥214(小数点以下切り捨て)
        ¥2,148×0.08=¥171.84→¥171(小数点以下切り捨て)
        ¥2,567×0.08=¥205.36→¥205(小数点以下切り捨て)
        ¥1,587×0.08=¥126.96→¥126(小数点以下切り捨て)

 ②次に、①の消費税額の合計を算出します。
  消費税額合計:¥214+¥171+¥205+126=¥716
 
 ③最後に、②の消費税額をメニューの価格に加算した値を売上額とします。
  売上額:(¥2,687+214)+(¥2,148+171)+
      (¥2,567+205)+(¥1,587+126)=¥9,705

●「合計に対して」を選択していた場合
 →技術/商品メニューの小計に、消費税率を掛けた額を
  消費税額としていました。

●計算例:上記と同じ外税の4メニューを販売したとします。
 ①まず、メニューの小計を算出します。
  小計:¥2,687+¥2,148+¥2,567+¥1,587=¥8,989

 ②次に、小計に消費税率を掛けます。
  消費税額:¥8,989✕0.08=¥719(小数点以下切り捨て)

 ③最後に、小計に消費税額を加算した値を売上額とします。
  売上額:¥8,989+¥719=¥9,708

※上記2つの計算例中、②の段階で「消費税額に3円の差」が発生しております。
 これは、各例中の①、②に示した通り、消費税額の算出方法の差により
 発生するものです。

<<変更後の計算方法>>

「合計に対して」をベースに、税率毎に消費税額の計算を行います。

●計算例:上記と同じ金額のメニューで、内2つが軽減税率であったとします。
 ・カット(¥2,687):通常消費税率のメニュー
 ・カラー(¥2,148):通常消費税率のメニュー
 ・テイクアウトの健康ドリンク(¥2,567):軽減税率のメニュー
 ・テイクアウトのサプリメント(¥1,587):軽減税率のメニュー
    ※10月1日以降の想定のため、通常消費税率は10%、軽減税率は8%となります。

 ①まず、税率毎にメニューの小計を算出します。
  通常消費税率のメニューの小計: ¥2,687+¥2,148=¥4,835
  軽減税率のメニューの小計  : ¥2,567+¥1,587=¥4,154

 ②次に、税率毎の消費税額を算出します。
  通常消費税率の消費税額:¥4,835✕0.10=¥483:(小数点以下切り捨て)
  軽減消費税率の消費税額:¥4,154✕0.08=¥332:(小数点以下切り捨て)

 ③最後に、小計に消費税額を加算した値を売上額とします
  売上額: (¥4,835+¥483)+(¥4,154+¥332)=¥9,804

<<留意点>>
10月1日以降、<<変更後の計算方法>>に変わることで、それまで『1項目に対して』の
設定をご利用であったサロン様におかれましては、(増税前後で全く同じメニューの
消費税額について、増税分を加味したとしても)消費税額に差が発生する可能性が
ございます。この差は、消費税額の算出方法の差によるものであり、システムの問題
ではございません。予めご理解、ご了承いただけますようお願い申し上げます。
尚、全てのメニューを内税とされているサロン様は、このような差額は発生致しません。

ご質問、問題等がございましたら下記番号にお電話いただきます様お願い致します。

サポートセンター 東京 03-5545-3788 大阪 06-6260-0886

今後ともどうぞよろしくお願い致します。